貿易会社へ転職?それともベトナムで仕事?迷っている人必見の情報

自分らしく働ける環境を探す

現状に満足していない以上、自分らしく仕事ができていない証拠です。転職を成功させるためには、自分をもっとアピールできるところで仕事をすべきです。

転職を成功させる秘訣

JOB

目的を持つことが重要

何故転職するのか、どのような会社で働きたいのか。この部分が曖昧だと転職活動はうまくいきません。ベトナムで仕事をするなら、なぜそう思ったのかが見えてくると仕事探しもはかどるでしょう。貿易会社なら、事務の経験を活かしたい、経験を積みたいなどの理由でも構いません。

人にアピールできる強みを持つ

転職は、自分という名の商品を会社に売り込むいわばセールスと同じです。自分の長所を知らないまま売り込んでも、相手に伝わることはないでしょう。自分のスキルと経験を転職先でどう活かすのか、この辺を全面にアピールできると、会社側も「この人何かすごいことしてくれるかも」と期待してくれます。

人が足りない業界を攻めていく

貿易会社は覚えることが非常に多いため、数か月でやめてしまう人が結構います。また、ベトナムという慣れない土地での仕事は不安にかられるため、応募数もそこまで多くはありません。そこを狙って応募すると、受かる可能性もあるため、転職先を早く決めるなら狙い時です。

面接を受けたい会社の情報収集を徹底的に行なう

会社の仕事内容や方針を知らないまま面接をする人と、面接する会社の事をリサーチ済みの人だったら後者の方が会社に必要な人材になります。また転職を絶対に成功させるなら、経営方針や会社の大きさ、事業内容は知っていて当然でしょう。

転職理由はポジティブに

転職はマイナスのイメージがあるため、会社によってはあまりいい顔しないケースもあります。面接でも辞めた理由を問いただすでしょう。ネガティブに答えるのではなく、ポジティブな理由を面接担当者に伝えることが受かるポイントです。

貿易会社へ転職?それともベトナムで仕事?迷っている人必見の情報

国旗

転職前に知りたい仕事内容

【貿易】
事務に関する専門知識や英語力を存分に活かして輸入取引及び、事務処理をします。輸出のお仕事は、海外に輸出する前の書類作成、スペースの確保&予約、運送や通関士の手配、連絡対応などがメインです。輸入は、書類の確認と関税・消費税納付の手続きを行ないます。業務内容は貿易会社によって様々ですし、資格があるかないかで任される仕事は違ってきます。

【ベトナムでの仕事】
主にベトナムへ観光にやってきた人向けの仕事です。ホテル、ガイド、通訳などの手配から日本にある旅行代理店とのやり取りを任されます。他にも広告を作る会社や金属を加工する技術職まで仕事の幅は大変広いです。

JOB

面接から採用までの流れ

求職者にマッチする求人が見つかった後、求人に応募をして書類選考をしてもらいます。ベトナムの会社で通過した場合は、現地に行き面接を受けます。最近は無料通話ツールや電話面接を使った面接が多いので飛行機代を浮かせることができます。無事内定をもらうと、勤務地、仕事内容を確認して入社するかどうか最終判断をします。決意が固まれば、自分の意思を会社に伝えます。

男性

入社後もしっかりサポート

貿易会社やベトナムの会社に勤めた後も、色々と不安が出てくるものです。転職サイトから応募をした場合、仕事を開始した後のサポートを行なうので、悩みがあれば積極的に伝えましょう。

絶対に受かる面接必勝法

  • 内定がほしい気持ちを面接官に伝える
  • 面接官が興味をそそるような受け答えをする
  • 面接の練習をする
  • 一方的にしゃべらない

広告募集中