正社員になって事務でバリバリ働きたい人への情報

働き方はいろいろ

正社員だけでなく、様々な面で融通が利きやすい契約社員でバリバリ働く人もいます。ただ、契約社員か正社員かで悩んでいる方もいるはずなので、二つの違いを下記でチェックしましょう。

契約社員と正社員の違い

契約社員は契約期間が定められている

契約期間がすでに決められているのが契約社員です。契約が切れると同時に、別の会社へ移ることも可能です。契約社員は最大で3年、この後正社員になるかは本人の実績や能力次第となります。

正社員は契約期限がない

正社員の場合、雇用された時点で期間を定めていないためずっと働き続けることができます。よっぽどの事がない限り解雇されることはなく、安心して働き続けられます。

正社員になって事務でバリバリ働きたい人への情報

男性

正社員になる方法

事務の経験がなくても、やる気や仕事で使える資格があれば、正社員になれる可能性は十分あります。また、職務経歴書や履歴書の作成がしっかりされている点も、ポイントでしょう。書類作成を丁寧に作る能力は必ず事務で活かされます。

タイピング

仕事に必要なスキル

一般的な事務は、仕事の幅が大変広いのでとても変化が多いです。特に専門性の高い知識は不要で、自分ではできない難しい仕事は、正社員が行ないます。

勉強

事務で活躍するなら仕事内容をチェック

最も多いのは、来客者の受付と電話対応です。また、会社の郵便物やファックスの送信、回収も事務の仕事となります。消耗品を始め、在庫管理などの雑務も事務に任されるでしょう。会議の記録、伝票、営業に使うパンフレット等の管理など、仕事は多岐にわたるので一日があっという間に終わります。スキルが上がると、文書作成やデータ入力、収集、デザイン作成の仕事がまわってきます。

女性

会社がほしい人材

京都で募集をかけている会社が求める人材は、PCスキルを最低限持っている人でしょうか。また、決まった業務をきっちりこなす正確さも必要でしょう。経理を担当する際は、会計スキルが求められますし、早くて正しい計算ができる人ほど採用率は上がります。事務はいろいろな方と絡む機会が多いので、コミュニケーション能力も問われるでしょう。

正社員登録制度がある求人を狙う

京都で事務の仕事を探すなら、正社員登録制度がある求人に応募すると、契約社員から正社員へ昇格することができますよ。正社員になりたい人は要チェックです。

広告募集中